主な取扱業務


幅広い業務に対応した「法律のマルチプレーヤー」

 行政書士の業務は、いわゆる「書類作成」の代行だけではなく、相談業務や申請業務も含まれその業務領域の広さ、知識面での汎用性の高さから、「行政書士」=「法律のマルチプレーヤー」ということが言えます。
 
行政書士の仕事は大きく分けて下記の3つに分類されます。

①官公署に提出する書類の作成、その相談や官公署に提出する手続きについての代理
(例:入管、法人設立、飲食店、農地転用、古物商などの営業許可申請)

②権利義務に関する書類についての作成と相談
(例:遺産分割協議書、契約書、示談書、内容証明書などの書類の作成など)

③事実証明に関する書類の作成と相談 
(例:各種議事録の作成、履歴書の作成、、実地調査に基づく各種図面類、会計帳簿など)

 行政書士とは国家資格者で、個人や企業の法務に関する様々な業務を扱うことができます。具体的には、「官公署に提出する書類」や、「その他権利義務」、「事実証明に関する書類」作成などがあります。これらの書類を代理人として作成することができ、また、書類の作成や手続きなどに関して相談を受け付けることも可能です。法人の各種許認可の申請や、契約書の作成や改定、訴訟手続きのサポート、会社法や労働法のアドバイス、補助金申請、税務申告のサポートなど複雑多様なコンサルティングを含むトータル的な支援も挙げられます。その他にも入管・国際業務といった国外も対象としております。
 その業務は広範囲におよび、国民と行政の橋渡し役としての職責を果たすべく、「あなたの街の法律家」として、皆様の実生活の利便に資するよう取り組むでおります。そのため、身近な法務問題を扱うジェネラリストとして、多くの人から信頼されるよう、日々研鑽を積みクライアント様に寄り添う必要があります。

 汐留グループは、行政書士、社会保険労務士、弁理士、税理士など、各分野の専門家で構成されるプロフェッショナル集団です。プロ集団だからこそ、クライアント様が抱える課題や問題に対してワンストップでサービス提供できるのが当グループの強みです。フットワークが軽く行動力のある法律の専門家が誠実に対応させていただき、様々な経営課題に迅速かつ最適な提案で課題解決に努めて参ります。


中川 蔦也

代表 行政書士

中川 蔦也

東京出入国在留管理局届出済         (申請取次行政書士)                       出身校:中央大学法学部卒業         趣味:格闘技・読書(特に歴史もの)     好きな言葉:縁尋機妙 多逢聖因       好きな食べ物:焼肉・瓦そば                     その他資格:宅地建物取引士         2級ファイナンシャル・プランニング技能士             

 お問い合わせ
contents
カテゴリー